おっぱいを飲む時むせる

赤ちゃんは、おっぱいを飲む時に「むせる」事があります。

赤ちゃんがむせながら飲んでいる様子を見て「むせるほど母乳が出ているんだわ。」と良い事のように思っているママもいらっしゃいますが、出来るだけむせないで飲める方が良いです。

今回は、何故むせない方が良いのかについてお話します。

むせながらおっぱいを飲んでいる赤ちゃんの様子

むせている時の赤ちゃんはゴホゴホと咳き込んだり、呼吸もゼイゼイと苦しそうです。

ビックリして乳首を離して飲むのをやめてしまうこともあります。
おっぱいを飲む事がなんだか辛そうに見えます。

また、授乳後に仰向けに寝かせると、真っ赤なお顔で両手を挙げてきばる赤ちゃんが多いです。
そしてオナラをよくします。

それは、むせる時に母乳と一緒に空気も飲んでしまうからです。

空気を飲むとお腹が張ります。
お腹が張っている時に仰向けに寝るのはしんどいですから、きばってオナラを出そうとしているのでしょう。

オナラと一緒に「ちょびっとウンチ」をする事も多いですので、オムツかぶれにもなりやすいです。オムツ替えの回数が増えるのでオムツ代もかさみます。

むせる原因は?

母乳が出過ぎている場合は赤ちゃんはむせやすいですが、それほど出過ぎていないけれどむせる事はよくあります。
なぜむせるのかと言うと、
「おっぱいが噴射するように赤ちゃんの口の中に勢いよく流れ込むから」です。
つまり、おっぱいの勢いが強すぎて赤ちゃんが自分のペースで飲めない時にむせるのです。

逆に、「おっぱいが噴射せずに赤ちゃんの口の中にゆっくりと流れ込む」と赤ちゃんは自分のペースで飲めるのでむせません。

大人の私たちで例えて言うと、
「ペットボトルの口から水やお茶が噴射して出る」と大人の私たちでもビックリしますし、むせるでしょう。
やはり飲み物は自分のペースで飲みたいですよね。

むせないように授乳するには?

授乳前に指で搾乳して母乳を少し捨てると良いです。

どのくらい搾乳すると良いかと言うと、
「乳輪部が少し柔らかくなるくらい」です。
搾乳すると母乳がすぐに噴き出すようでしたら、「噴き出すのが少し落ち着くくらい」です。



搾乳する事によって、おっぱいが噴射せずゆっくりと出るようになりやすいので、赤ちゃんは自分のペースで飲みやすくなります。

母乳不足かな?と悩んでおられるママにとっては、「捨てるなんてもったいない。」と思われるかもしれません。

その場合は哺乳瓶に搾乳して、授乳した後に飲ませると良いですね。

★搾乳する時の注意点があります。
それは「力を入れすぎないこと」です。
痛みを感じるほど力を入れると、乳輪部が腫れてしまうことがあります。

また、母乳が出過ぎる方の場合は「ゆっくりとしたスピードで搾乳すること」です。
早いスピードで搾乳すると、刺激が強すぎてよけいに分泌が増えてしまったり、乳房が張りすぎることがあります。
童謡「ゆりかごの歌」のテンポより少しゆっくりくらいです。

♪ゆりかごの歌をカナリヤが歌うよ。ねんねこねんねこねんねこよ。♪


授乳中に赤ちゃんが眠ってしまわないようにする

何故眠ってしまわない方が良いかと言うと、
赤ちゃんがママの乳首を吸うと、その刺激を受けて母乳が作られて出てきます。(射乳といいます)
赤ちゃんが起きている時は、母乳が出てきてもあまりむせずに飲みます。

けれども、ママの乳首をくわえてウトウト眠っている時の赤ちゃんは無防備です。急に口の中に母乳が流れ込んで来ると、すぐに飲み込む事が出来ない為むせるのです。

授乳中は出来るだけ眠ってしまわないようにした方が良いです。
その方法についてはこちらを参考になさって下さい。
https://ida-josanin.com/sp/2019/05/26/lactational-method-time/

赤ちゃんが飲みやすい抱き方も大事です

それは、「大きい口を開けやすい」「舌を前に出しやすい」「呼吸がしやすい」 抱き方です。
その方法についてはこちらを参考になさって下さい。
https://ida-josanin.com/sp/2019/07/31/lactational-alette

むせた時はどうしたら良いの?

むせたら、赤ちゃんの身体を起こして縦抱きにしてゲップを出すときの体勢にしましょう。

ゲップが出ないときは、しばらく抱っこして赤ちゃんが落ち着いてきたら授乳を再開してみましょう。

以上の事をやってみても効果がないときは?

以上の事をやってみても、むせる・お腹の張り・いきみなどが改善しない場合は、稀に病気の事もありますので、小児科医師に相談してください。

乳首の上のつけ根の傷

当院でお受けする母乳育児相談で、授乳中の乳首の痛みに関する事は、とても多いです。

「乳首の痛み」の原因は「白斑」「乳栓」「咬み傷」などいろいろあります。

原因によってその対処方法も変わってきます

※最も多いトラブルの一つの「白斑」についてはこちらをご覧になって下さい。

今回は、
赤ちゃんに授乳している時に

「乳首が噛まれている感じがして痛い」
「乳首をはさまれている感じがして痛い」

などの原因と対処方法についてお話します。

このような授乳中の痛みで困っておられるママの

「乳首の上のつけ根」

を拝見しますと、少し赤くなっていたり、線状の細い傷がついている事が多いです。

「ここは痛いですか?」とその部分を指で軽く押すと「痛いです!」とおっしゃいます。

「乳首の上のつけ根」に傷が出来る主な原因は、授乳中の赤ちゃんの抱き方にあります。
どのような抱き方かと言うと「 赤ちゃんのお顔がうつむいてしまう」ような抱き方です。

赤ちゃんのお顔がうつむいてしまうと、

ママの「乳首の上のつけ根」に赤ちゃんの歯茎が当たります。

また、お顔がうつむくと

顎が引けてしまいますので、舌を前に出しづらくなりますし、口も大きく開けられませんから乳首の先しか吸えません。

歯茎が当たった状態で、乳首の先を吸われると「乳首の上のつけ根」に常に強い力が加わります。

このような授乳が何回も繰り返されることで痛みは増していくだけでなく、やがて傷が出来てしまいます。

この傷が深くなって、パックリと割れてしまったり化膿する事もあります。

では、そうならないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

授乳の時、赤ちゃんのお顔をあお向けるように抱っこします。

コツとしては、赤ちゃんの後頭部に手を当てるというよりも、赤ちゃんの後頭部と肩甲骨の間くらいに手を当てて乳房に引き寄せるようにすると、赤ちゃんの顔は上を向きやすくなります。

その際に下記のイラストのように、ご自身の親指の位置を意識してみると良いでしょう。

赤ちゃんの鼻とママの乳房の間に小指一本分くらいの隙間を作るようにすると良いです


こうすると、赤ちゃんの歯茎はママの乳首の上のつけ根に当たらないですし、赤ちゃんのあごは引けてしまわないので、口を大きく開けられます。

舌もしっかりと前に出せますから、深くくわえられるので痛みもなく傷も出来にくくなります。

私たちも飲み物を飲む時はちょっと上を向きますよね。
うつむきながら飲み物を飲んでいる人はあまり見かけません。
また、上を向いた方が口も大きく開けられます。

当院に来院されるママたちの授乳の様子を拝見していますと、
10年ほど前から
「ご自身のお腹と赤ちゃんのお腹を密着させるように抱いて授乳する」方が多くなったなと感じます。

たぶん、赤ちゃんに乳首を深くくわえてもらうためなのでしょう。
けれども、ママと赤ちゃんのお腹が密着しすぎると、赤ちゃんのお顔がうつむきがちになって乳首のつけ根に赤ちゃんの歯茎が当たってしまう事が多いです。

ですので、

「赤ちゃんに深くくわえさせる」事よりも、
「赤ちゃんが大きな口を開けやすいように」という事を意識してみてはどうでしょうか?

参考になれば幸いです。

授乳の抱っこ方法については下記もご参照下さい。

授乳の抱っこ方法


オンラインおっぱい講座

昨日は「オンラインおっぱい講座」の日でした。
「おっぱいトラブルの原因と対処方法」のテーマでお話させていただきました。

大阪府・東京都・三重県・愛知県・岐阜県などから9人のママさん達が参加されました。
皆さま大変熱心に聞いて下さいました。

【講座の内容】
「詰まる」原因は?
白斑と乳栓の違いは?
白斑が出来る原因とは?
白斑が出来た時の授乳のコツ
授乳の際の赤ちゃんの抱き方のコツ
乳栓が出来る原因とは?
乳栓が出来た時の授乳のコツ
乳栓の取り除き方
シコリが解消された後、分泌不足になりやすい理由
授乳中のママさんの栄養について etc.              

このような母乳育児の知識とちょっとしたコツを身につけることは、ご自身の大切な乳房をトラブルから守ることでもあります。

コロナ禍で外出がままならない今だからこそ、「自分で出来るようになる」ことがとても大切です。

当院の「おっぱい講座」は約20年前から始めました。
母乳育児の知識とコツを伝えるだけではなく、ママさん達の交流の場として多くの方々に参加していただいてきました。

子育ての悩みを聞いたり聞いてもらったり、情報交換をしたり。
思いきりおしゃべりして、泣いて、大笑いして。

ふだん、子育てに奮闘しているママさんにとっては、ホッと一息つける時間のようです。

「おっぱい講座」がきっかけでママ友となり、子どもたちが成長してもお付き合いが続いているという方も珍しくありません。

ところが、昨年よりコロナウイルス感染拡大防止のため、助産院に来ていただいての講座の開催が難しくなり、オンラインに切り替えざるを得ない状況になりました。

「今までのようなママ同士の交流がオンラインでも出来るのだろうか?」という思いが常にありましたが、オンラインそのものに私自身が不慣れでしたので、その事をじっくりと考える余裕がないままオンラインでの「おっぱい講座」を続けていました。

助産院でのおっぱい講座

けれども、今回の講座終了後に、参加されたママさんが次のような感想を寄せて下さいました。

「オンラインでも、他のママさん達と顔を合わせて伺うお話は温かい雰囲気を感じることが出来ました。」

このように感じていただく事が出来て本当に嬉しかったです。
画面越しでも人と人の温かさは伝わるものなんだなと思いました。

これからも、ママたちが楽しく交流出来るような講座にしていくために、オンラインの事をもっと勉強していろいろな工夫をしていこうと思います。

それにしても、オンラインで開催しなかったら、言葉を交わす事もなかったであろう遠方にお住まいの方々と、すぐそばににいるみたいにお話したり笑い合ったり出来るって本当に有り難い事ですね。

インターネットが普及していない20年以上前に、コロナウイルスが流行していたら、私たちはどうしていたのかなと思います。

最後に、反省点がひとつ。
眉毛描くの忘れてたヮ ^^;

ただ今、オンラインおっぱい講座受付中 

テーマ:おっぱいのトラブル
9月9日(木)(木)11:00〜12:30

乳腺炎、乳頭キレツ、白斑、シコリなどのトラブルの原因と
自分で出来る対処方法についてお話します。
参加費:1000円
詳しくは→https://ida-josanin.com/shop/
コロナウイルス感染拡大などで思うように外出出来ない今、おっぱいトラブルについて知っておくと安心です。
貴方の大切な乳房を守るのは貴方自身です。

白斑の原因と対処方法

白斑とは?

乳頭先端にみられる直径1mmから5mmくらいの白い斑点で、授乳する時に針で刺されるような強い痛みを伴います。
白斑が出来ると、乳管が詰まって母乳が乳腺内にとどまるためにシコリが出来ることが多いです。
よくあるトラブルです。

白斑の原因は何?

白斑の原因は、

「乳首の皮膚に負担のかかる授乳」です。

乳首の皮膚は腕・足・お腹・背中などの皮膚と違って「非常に薄くて傷つきやすい」のです。
そのため、授乳のやり方によっては乳首の皮膚に負担がかかり様々なトラブルがおきやすくなります。
そのトラブルの一つが「白斑」です。

負担のかかる授乳ってどんな授乳なの?

乳首に負担のかかる授乳とは次の三つです。

1.長い時間吸わせる

多くのママさんたちは、「乳首を長く吸わせれば吸わせるほど赤ちゃんは母乳を沢山飲める」「吸わせれば吸わせるほど母乳が出てくる穴の開通が良くなる。」と思ってらっしゃいますが、射乳が終わると母乳はほとんど出なくなるので、おしゃぶりのように吸っているだけになる事が多いです。

おしゃぶりのように吸っているだけの時間が長くなればなるほど乳首の先の皮膚に負担がかかります。

2.頻回すぎる授乳

新生児の頃は飲む力もそれほど強くないので一回の授乳で十分な量を飲めない事が多いです。

そのためすぐにお腹が空くので頻回に授乳する必要がありますし、頻回に授乳することで分泌が増えやすくなります。

けれども限度を超えると乳首に負担がかかることが多いです。

3.乳首・乳輪が固いまま吸わせる

乳首・乳輪が固いと赤ちゃんの舌が滑って深くくわえられない為、乳首の先を吸ってしまいます。
そうすると非常に痛いだけでなく乳首の先に負担がかかります。

白斑が出来るしくみ

こののような乳首の先に負担がかかる 授乳が続くと

乳首の皮膚に圧力がかかる

乳首の皮膚の血行が悪くなる

乳首の皮膚の栄養分・水分が不足する

皮膚が硬くなる

白斑ができる。

※座りダコ、ペンダコ、靴づれなどに似ています。

白斑を治すには?

白斑を治すには、白斑のある方の乳首に負担のかからないように授乳する事が大切です。

けれども、多くのママたちは白斑が出来ると、しっかり吸わせるとポロリと取れるような気がして、白斑のある方を長い時間、頻回に吸わせてしまっています。

それは逆効果なのです!

長い時間・頻回に吸わせると、乳首の先に負担がかかり、痛みはひどくなり白斑は数が増えたり大きくなっていきます。

五円玉の穴よりも大きくなってしまったママもいらっしゃいました。そこまで大きくなると物凄く痛いので授乳はかなり困難となります。

白斑がある時の授乳方法のコツ!

①白斑のない方から授乳する

なぜかと言うと赤ちゃんは飲み始めはお腹が空いているので必死で強く吸い付きます。
それが白斑が出来て傷んでいる乳首には負担になるので、白斑のない方から授乳します。

②射乳が起きたら白斑のある方を吸わせる

赤ちゃんの飲む様子を観察していると、最初はチュクチュクと乳首の先を吸っています。しばらく吸っていると射乳(母乳が出てくる)してくるので、赤ちゃんは急にゴクゴクとしっかり吸いはじめます。

その時に白斑のある方に交代します。「さあ、出てきたぞ!」と飲もうとしている赤ちゃんには申し訳ないんですが。

なぜ、そうするのかと言うと、射乳がおきている時は、赤ちゃんの口に母乳が吹き込んでくるため乳首に負担をかけないで吸うからです。
また、交代した方の乳首からは母乳は出ていないと思われるかもしれませんが、射乳は左右乳房同時におこりますのでもう一方の乳首からも母乳が出ているので大丈夫です。

※交代する時は黙って交代せずに、赤ちゃんに「交代するよ」など声をかけてくださいね。

③射乳が終わったら白斑のない方を吸わせる

射乳が終わると赤ちゃんの口に母乳が吹き込んでこなくなるので、赤ちゃんは乳首の先をチュクチュクと吸います。

チュクチュクと長い時間吸われると乳首の先に負担がかかってしまいますので、白斑のない方に交代します。

④以上のように左右の乳房を何回か交代して最後は白斑のない方で終わる

母乳を飲んでお腹がいっぱいになっても、しばらくの間は赤ちゃんは乳首を口に含んでママに抱っこしてもらって甘えていたいのです。それはママにとっても大切な時間ですね。

けれども、その時間が長すぎるとやはり乳首に負担がかかります。
白斑のある方を長く吸わせていると白斑は治りにくくなります。

最後は白斑のない方を吸わせるようにしましょう。

射乳してくるという感じがよくわからない場合は?

白斑のない方から吸わせる、白斑のある方を吸わせすぎないようにするようにするだけでも良いです。

両方の乳首に白斑が出来ている場合は

少しでも痛みがマシな方から授乳しましょう。

白斑が痛すぎて授乳が苦痛という場合は?

短時間だけ吸わせるか、それも苦痛なようなら授乳を中止して搾乳だけにします。

白斑がある時に心がける事

長い時間吸わせ続けない

赤ちゃんの様子や吸われている感じに意識を向けて「あまりしっかり吸っていないな」と感じたらもう早めに(赤ちゃんが眠ってしまわないうちに)一方の乳房に交代する。
これを何回か繰り返す。
詳しくはこちらをご参照ください。
添い乳は長い時間吸わせがちですので、しない方が良いですが、どうしてもという場合には白斑のない方を吸わせるようにしましょう。

頻回に授乳しすぎない

赤ちゃんがしっかりと空腹になってから授乳する。
寝かせるためにおしゃぶりのように吸わせすぎないようにする。

授乳間隔が大幅に開かないようにする

授乳間隔が4から5時間以上開くと乳房が張って乳輪が硬くなるので、赤ちゃんの舌が滑ってしまって乳首の先をくわえてしまいがちです。そうすると乳首の先に負担がかかります。
出来るだけ授乳間隔が大幅に開かないようにしましょう。

乳首を柔らかくしてから授乳する

授乳前に手で搾乳すると乳首・乳輪が柔らかくなって赤ちゃんはくわえやすくなり、乳首の先に負担がかかりにくいです。

授乳の抱き方を工夫する

抱き方についてはこちらをご参照ください。

食事に気をつける

白斑がある時は排乳口(母乳が出てくる所)が細くなっているため大変詰まりやすいです。

当院にトラブルで来院される方々の乳房の状態を拝見しておりますと、やはり甘いものは詰まりやすいと思います。
お菓子だけでなく砂糖が多く含まれている食品(とんかつソースやステーキソース、焼肉のタレ、お寿司など)もトラブルがある間は取りすぎない方が良いです。

和食中心にとよく言われていますが、和食は他の料理に比べて砂糖を使う割合は多いです。
煮物などに砂糖をたくさん使うというご家庭もありますね。
乳房トラブルがある時は砂糖の量を控えた方が良いでしょう。

また、詰まるのが怖くて過度の食事制限をなさっている方も多いです。
以前、「毎月のように乳腺炎になって困っている」という事で来院された方がいらっしゃいました。
その方は「詰まってシコリが出来て乳腺炎になるのが怖いから」と長い間ご飯と野菜しか食べておられませんでした。
栄養不足の食事が続いて、貧血や免疫力が低下したことも乳腺炎になりやすくなった一因と思います。

肉、魚、大豆、などのタンパク質は積極的に食べた方が栄養状態が良くなるので白斑は治りやすいです。
油を使ったお料理は大量に食べなければ、あまり影響しないです。
また、アレルギーがないようでしたら卵・乳製品も食べてください。

水分は我慢せずに取る事

白斑が詰まってシコリがある時は、水分を取るとシコリが大きくなるような気がして我慢する方が多いですが、水分が少ないと母乳の濃度が高くなって余計に詰まりやすくなります。また、夏場は熱中症が心配です。
我慢せずに飲みたいだけ飲みましょう。

体調に気をつける

白斑がある時は排乳口が詰まって乳腺炎を引き起こす場合があります。
身体が疲れて抵抗力が落ちている時は乳腺炎になりやすいですので、家事などは頑張ってせずに身体を休めるようにしましょう。

白斑はどのくらいで治るの?

白斑は長い時間、乳首の皮膚に負担がかかって出来るものですので、治るには時間がかかります。
手足に出来たタコや靴ズレも治るには時間がかかるのと同じです。
白斑が出来てすぐに適切な授乳をすると1週間くらいで治る事が多いですが、日にちが経っている場合は1ヶ月以上かかる事も少なくありません。

保湿剤とラップについて

白斑が出来たら保湿剤を塗ってラップを貼る方が多いですが、ラップを貼ると治りにくくなります。
これについてはこちらで詳しく書いていますのでご参照ください

井田助産院サイト
https://www.ida-josanin.com/

井田助産院 Facebookページ
https://www.facebook.com/ida.josanin/

井田助産院Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja


オンラインおっぱい講座受付中

テーマ:おっぱいのトラブル
9月9日(木)(木)11:00〜12:30

乳腺炎、乳頭キレツ、白斑、シコリなどのトラブルの原因と
自分で出来る対処方法についてお話します。
参加費:1000円
詳しくは→https://ida-josanin.com/shop/
コロナウイルス感染拡大などで思うように外出出来ない今、おっぱいトラブルについて知っておくと安心です。
貴方の大切な乳房を守るのは貴方自身です。


乳首トラブルにラップは貼らないで!

当院では母乳分泌不足だけではなく、乳房のトラブルや乳首のトラブルなどでも来院されます。
乳首トラブルは白斑や乳頭亀裂、水泡などですが、来院される方の多くはワセリン・馬油・ランシノーなどの保湿剤を塗ってラップを貼っておられます。

「乳首の先が痛くて授乳が辛いです。薬を塗ってラップを貼っていますが、なかなか治りません。どうすれば治りますか?」といった相談が多いです。

傷にワセリンなどの保湿剤を塗りラップなどを貼って傷の治癒を促す療法はあります。
あまり重症ではない傷や火傷などに効果がありますが、乳首の傷などには適しません。

なぜかというと皮膚が違うからです。

乳首の皮膚と手足や背中・腹部の皮膚との大きな違いは「乳首の皮膚は排乳口という母乳が出る穴が開いている皮膚である」ということです。

母乳は赤ちゃんが飲んでいない時も分泌されますので、ラップを貼ってしまうと母乳が外に排出されなくなりラップの中に長時間とどまります。
母乳は糖質をたっぷり含んでいて栄養豊富ですので、雑菌のエサになってしまうために傷が治りにくいと考えられます。

当院では、乳首のトラブルで来院された方に次のようにお伝えしております。

①傷から浸出液(汁)が出ている場合

保湿剤を薄く塗ってガーゼなどを貼りブラジャーなどをつける

②傷から浸出液(汁)が出ていない場合

保湿剤を薄く塗ってブラジャーなどをつける

「薄く塗る」理由は、たっぷり塗ると母乳の排出を妨げやすくなるからです。

また、乳首の傷を治すには保湿剤を塗るだけではなくて、

授乳方法を見直す事がとても大切です。

例えば、乳首や乳輪部が硬いままで授乳すると赤ちゃんは乳首の先っぽをくわえてしまいがちです。
乳首の先っぽを吸われると大変痛いだけでなく乳首のトラブルは治りにくくなります。

どうすれば良いかと言うと、授乳前に手で搾乳すると良いです。

搾乳すると乳首の先と乳輪部が柔らかくなりますので赤ちゃんは深くくわえやすいです。深くくわえた方が痛くないですし乳首トラブルは治りやすいです。

また、授乳の抱き方と飲ませる時間 (左右の乳房の交代のタイミング)
もとても重要です。

以上のように、乳首にトラブルのある時は、保湿剤を薄く塗ってラップを貼らないで授乳方法を見直すことで治りやすくなります。

※1) 授乳の抱き方についてはこちらをご参照ください。

※2) 飲ませる時間(左右乳房の交代のタイミング)についてはこちらをご参照ください。

手での搾乳方法についてはまたお話しますね。

 

井田助産院サイト
https://www.ida-josanin.com/

井田助産院 Facebookページ
https://www.facebook.com/ida.josanin/

井田助産院Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja