乳首の上のつけ根の傷

当院でお受けする母乳育児相談で、授乳中の乳首の痛みに関する事は、とても多いです。

「乳首の痛み」の原因は「白斑」「乳栓」「咬み傷」などいろいろあります。

原因によってその対処方法も変わってきます

※最も多いトラブルの一つの「白斑」についてはこちらをご覧になって下さい。

今回は、
赤ちゃんに授乳している時に

「乳首が噛まれている感じがして痛い」
「乳首をはさまれている感じがして痛い」

などの原因と対処方法についてお話します。

このような授乳中の痛みで困っておられるママの

「乳首の上のつけ根」

を拝見しますと、少し赤くなっていたり、線状の細い傷がついている事が多いです。

「ここは痛いですか?」とその部分を指で軽く押すと「痛いです!」とおっしゃいます。

「乳首の上のつけ根」に傷が出来る主な原因は、授乳中の赤ちゃんの抱き方にあります。
どのような抱き方かと言うと「 赤ちゃんのお顔がうつむいてしまう」ような抱き方です。

赤ちゃんのお顔がうつむいてしまうと、

ママの「乳首の上のつけ根」に赤ちゃんの歯茎が当たります。

また、お顔がうつむくと

顎が引けてしまいますので、舌を前に出しづらくなりますし、口も大きく開けられませんから乳首の先しか吸えません。

歯茎が当たった状態で、乳首の先を吸われると「乳首の上のつけ根」に常に強い力が加わります。

このような授乳が何回も繰り返されることで痛みは増していくだけでなく、やがて傷が出来てしまいます。

この傷が深くなって、パックリと割れてしまったり化膿する事もあります。

では、そうならないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

授乳の時、赤ちゃんのお顔をあお向けるように抱っこします。

コツとしては、赤ちゃんの後頭部に手を当てるというよりも、赤ちゃんの後頭部と肩甲骨の間くらいに手を当てて乳房に引き寄せるようにすると、赤ちゃんの顔は上を向きやすくなります。

その際に下記のイラストのように、ご自身の親指の位置を意識してみると良いでしょう。

赤ちゃんの鼻とママの乳房の間に小指一本分くらいの隙間を作るようにすると良いです


こうすると、赤ちゃんの歯茎はママの乳首の上のつけ根に当たらないですし、赤ちゃんのあごは引けてしまわないので、口を大きく開けられます。

舌もしっかりと前に出せますから、深くくわえられるので痛みもなく傷も出来にくくなります。

私たちも飲み物を飲む時はちょっと上を向きますよね。
うつむきながら飲み物を飲んでいる人はあまり見かけません。
また、上を向いた方が口も大きく開けられます。

当院に来院されるママたちの授乳の様子を拝見していますと、
10年ほど前から
「ご自身のお腹と赤ちゃんのお腹を密着させるように抱いて授乳する」方が多くなったなと感じます。

たぶん、赤ちゃんに乳首を深くくわえてもらうためなのでしょう。
けれども、ママと赤ちゃんのお腹が密着しすぎると、赤ちゃんのお顔がうつむきがちになって乳首のつけ根に赤ちゃんの歯茎が当たってしまう事が多いです。

ですので、

「赤ちゃんに深くくわえさせる」事よりも、
「赤ちゃんが大きな口を開けやすいように」という事を意識してみてはどうでしょうか?

参考になれば幸いです。

授乳の抱っこ方法については下記もご参照下さい。

授乳の抱っこ方法

オンラインおっぱい講座

昨日は「オンラインおっぱい講座」の日でした。
「おっぱいトラブルの原因と対処方法」のテーマでお話させていただきました。

大阪府・東京都・三重県・愛知県・岐阜県などから9人のママさん達が参加されました。
皆さま大変熱心に聞いて下さいました。

【講座の内容】
「詰まる」原因は?
白斑と乳栓の違いは?
白斑が出来る原因とは?
白斑が出来た時の授乳のコツ
授乳の際の赤ちゃんの抱き方のコツ
乳栓が出来る原因とは?
乳栓が出来た時の授乳のコツ
乳栓の取り除き方
シコリが解消された後、分泌不足になりやすい理由
授乳中のママさんの栄養について etc.              

このような母乳育児の知識とちょっとしたコツを身につけることは、ご自身の大切な乳房をトラブルから守ることでもあります。

コロナ禍で外出がままならない今だからこそ、「自分で出来るようになる」ことがとても大切です。

当院の「おっぱい講座」は約20年前から始めました。
母乳育児の知識とコツを伝えるだけではなく、ママさん達の交流の場として多くの方々に参加していただいてきました。

子育ての悩みを聞いたり聞いてもらったり、情報交換をしたり。
思いきりおしゃべりして、泣いて、大笑いして。

ふだん、子育てに奮闘しているママさんにとっては、ホッと一息つける時間のようです。

「おっぱい講座」がきっかけでママ友となり、子どもたちが成長してもお付き合いが続いているという方も珍しくありません。

ところが、昨年よりコロナウイルス感染拡大防止のため、助産院に来ていただいての講座の開催が難しくなり、オンラインに切り替えざるを得ない状況になりました。

「今までのようなママ同士の交流がオンラインでも出来るのだろうか?」という思いが常にありましたが、オンラインそのものに私自身が不慣れでしたので、その事をじっくりと考える余裕がないままオンラインでの「おっぱい講座」を続けていました。

助産院でのおっぱい講座

けれども、今回の講座終了後に、参加されたママさんが次のような感想を寄せて下さいました。

「オンラインでも、他のママさん達と顔を合わせて伺うお話は温かい雰囲気を感じることが出来ました。」

このように感じていただく事が出来て本当に嬉しかったです。
画面越しでも人と人の温かさは伝わるものなんだなと思いました。

これからも、ママたちが楽しく交流出来るような講座にしていくために、オンラインの事をもっと勉強していろいろな工夫をしていこうと思います。

それにしても、オンラインで開催しなかったら、言葉を交わす事もなかったであろう遠方にお住まいの方々と、すぐそばににいるみたいにお話したり笑い合ったり出来るって本当に有り難い事ですね。

インターネットが普及していない20年以上前に、コロナウイルスが流行していたら、私たちはどうしていたのかなと思います。

最後に、反省点がひとつ。
眉毛描くの忘れてたヮ ^^;

ママ友

以前は、当院に来院されたママさん同士がお話する機会も多く、それがきっかけでママ友になり、子どもが大きくなってもお付き合いが続いてらっしゃる方も珍しくありませんでした。

けれども、コロナ禍の今、「密を防ぐ」ために来院される方が同じ時間帯に重ならないように予約時間を調整していますので、ママたちの交流はほとんどなくなってしまいました。

それでも、たまに重なる時があって、ママさん同士が短時間でも言葉を交わされると

「赤ちゃんのいるママと初めて話せました」
「私と同じような事で悩んでいる方がいると分かって何だか安心しました。」
「私以外のママたちもしんどいのだなって思えました。」

ママたちを見ていると、とても嬉しそうです。
赤ちゃんたちもお互いに不思議そうに見ていています。
なんとも言えない和やかな雰囲気になります。
やっぱり、こういうちょっとした触れ合いは大事ですね。

感染対策しつつ、少しでも交流出来るように考えていこうと思います。

研修生は妊婦さん

今日の研修生は臨月をむかえた妊婦さん。
3人目を出産予定の天子助産院の笹倉さんです。
大きなお腹でご自身も大変な時なのに、母乳育児で悩めるママたちをサポートするために研修にいらっしゃいました

今日は断乳後(卒乳後)の方と乳管が詰まってシコリが出来て辛い思いをなさっている方が来院されました。

私は今までたくさんのママさんと赤ちゃんたちから多くの事を学ばせていただいたので、「学んだ事を後輩に伝えていく」というのがこれからの私の役目だと 勝手に 思っています。
あともうちょいと頑張りまーす。

井田助産院サイト
https://www.ida-josanin.com/

井田助産院 Facebookページ
https://www.facebook.com/ida.josanin/

井田助産院Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

助産師の研修

当院では看護大学などの実習を受け入れていますが、現役助産師の方も見学研修にいらっしゃいます。

先日、助産師歴数年の方が研修に来られました。
ご自身のお休みを利用しての研修です。

「母乳育児のケアは自分の苦手な分野なので、ちょっとでもより良いケアをお母さんたちに出来るようになりたいので研修に来ました。」との事でした。

来院されたお母さん方に、事前に見学させていただいても良いかどうかをお聞きしたところ承諾を得られました。
コロナ禍の中、ご協力くださりありがとうございます。

この日は、母乳分泌不足で悩んでおられる方、何回も乳腺炎になり授乳がしんどくなっておられる方の乳房ケア・授乳方法などを見学してもらいました。
彼女は、見学後に次のような感想をよせてくれました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日はありがとうございました。先生の技を身近で見学させていただいたり、お話しさせていただいて、今まであり合わせの知識で行っていた授乳介助を改める機会になりました。
そして、病院で関わるお母さま方の授乳ケアをより良くできる方法はまだまだたくさんあると思いました。
目から鱗なお話ばかりで、本当に刺激的で、とても楽しい時間をいただきました。
ありがとうございます。また伺いたいです。
昨日より、より良いケアが出来るよう頑張りたいと思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

彼女がおっしゃっるように授乳方法はとても大事です。
適切な授乳方法が出来ないと乳首が痛い・十分な量の母乳が飲めないなどで母乳育児がしんどくなりがちです。

私は助産師として乳房マッサージの技術を向上させる事はもちろん大事ですが、それよりも各々のお母さん方と赤ちゃんにとって最適な授乳方法を提案出来るという事の方が重要だと思っています。

なぜなら授乳は毎日何回何回もする事だからです。何回もすることが自分と赤ちゃんに適した方法だと乳房トラブルはおきにくいし、トラブルになったとしても授乳で解決出来ることは多いです。

逆に不適切な授乳を繰り返すことで乳房トラブルは増えますし、授乳では解決出来ないでしょう。

乳房の大きさ、分泌の仕方は人それぞれ違います。身長も座高も違います。腕の長さだって違います。
また、赤ちゃんにも個性があります。
「吸い付かせようと乳首をお口にもっていくと吸い付く子」
「吸い付かせられるのは嫌で自分のタイミングで吸い付きたい子」など様々です。
そうなんですよ。赤ちゃんにも個性があるんです。

だから、

誰にでも

「◯分ずつ吸わせましょう。」
「自分のお腹と赤ちゃんのお腹を密着させましょう。」
「乳首を深く吸わせましょう。」

など同じ事を伝えていても、お一人お一人のお母さん方にとっては最適な授乳方法にはなり難いです。

それでは、どうしたら適切な授乳方法を提案出来るようになるのでしょうか?

それは、お母さん方に「聞くこと」です。

「乳首のどのあたりが痛いですか?」
「どんな痛みですか?」
「はさまれてるいる感じですか?」
「首や腕、背中がしんどいですか?」
「赤ちゃんと目が合いますか?」
「赤ちゃんの口元は見えますか?」
「授乳中はどんな気分になりますか?」
「嫌な気持ちになりますか?」
などなど。

お聞きするとほとんどの方は教えて下さいます。
そして、この教えて下さった事が本当に参考になるのです。

私は今までたくさんのお母さん方から多くのことを教わりました。その積み重ねがあったから今まで助産師を続けて来れたのだと思っています。

教科書で勉強することも大事ですが、お母さん方から教わった事は簡単には忘れません。

将来きっと貴方の宝物になる事でしょう。

お母さん方が楽しい母乳育児が出来きますように。

私も、あともうちょっと頑張ります。

井田助産院サイト
https://www.ida-josanin.com/

井田助産院 Facebookページ
https://www.facebook.com/ida.josanin/

井田助産院Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja