赤ちゃんの口に乳輪が全部入らないとダメ?

「乳輪が全部赤ちゃんの口に入るように授乳しないといけない。」
「赤ちゃんの口から乳輪がはみ出ているから、『浅吸い』でちゃんと飲めていない。」
と思ってらっしゃるママさんは多いですが、乳輪全部を赤ちゃんの口に入れる必要はありませんし、入れようとしない方が良いです。

その理由は?

当たり前の事ですが、乳輪の大きさは個人差があります。

その直径は2㎝位から10㎝位とかなり幅があります。

赤ちゃんの口は小さいので、2~3㎝位の乳輪なら赤ちゃんのお口に入るでしょうが、それ以上の大きさならはみ出て当然です。

乳輪全部を赤ちゃんの口に入れようとする必要はないです。

乳輪部を全部赤ちゃんの口に入れようとすると、赤ちゃんの頭を押さえすぎてしまいがちです。

そうすると、赤ちゃんは下を向いてしまう(うつむいてしまう)ため口を大きく開けられません。

その結果、乳首の先を吸うようになります。

そのため授乳中に乳首が痛くなったり、白斑・亀裂・水疱などの乳首トラブルの原因になることが多いです。

また、赤ちゃんの鼻にママの乳房がくっついてしまって息がしにくくなるため、嫌がって吸い付かなくなる事もあります。

「おっぱいを吸うのを嫌がる」原因の一つです。

赤ちゃんの頭を押さえすぎないようにして顔を仰向けるようにするだけで、嫌がらずに飲める事が多いです。

具体的な授乳の方法についてはこちらをご参照ください。

「乳輪全部を赤ちゃんの口に入れようとする」よりも大事なことは?

授乳前に飲みやすい乳輪にしておくこと

乳輪が硬いまま授乳しようとすると、赤ちゃんの舌が滑ってしまうため乳首の先を吸いがちになります。

先を吸われると大変痛いですし、乳首トラブルを引き起こす事もあります。

授乳前に乳輪が硬い時は、ご自身の指で柔らかくなるくらい搾乳すると良いです。

「母乳の出が少ないから搾乳するなんてもったいない」と思うママもいらっしゃるでしょう。

けれども、搾乳して乳輪が柔らかくなった方が飲める量が増えやすいですので少しでも搾乳した方が良いです。

私は、長年この仕事をしておりますが、
「赤ちゃんの口から乳輪がはみ出てる。」事を気にしてらっしゃる方は、最近特に多くなったように思います。

ママたちに「何故、そう思うの?」と聞くと、「出産したところや友人から聞いた、ネットでもそのように書いてあった。」とおっしゃいます。

今は、周囲の人々からの様々なアドバイスだけでなく、ネットで調べれば沢山の情報を得る事が出来る世の中です。
何を選べば良いのか迷われる事も多いでしょう。

大事な事は、いろいろなアドバイスや情報が、自分と自分の赤ちゃんに合うのかどうかを「考える」事と「感じる」事だと思います。

ネットや本に書いてあっても、私たち助産師から聞いた事であっても、アドバイスどおりにやってみて

「しっくりこない時」は、ご自身と赤ちゃんに合うような方法を工夫してみる。
そのようにしていると、次第に応用する力がついてきますので、赤ちゃんや乳房の変化にも対応出来るようになってきます。
自信もついてくることでしょう。

もちろん、どのようにしたら良いのか分からない、工夫してみても上手くいかない、これで良いのかどうか不安な時などは、ネットで調べるのも一つの方法だけれど、私たち助産師を頼って下さいね。

参考になれば幸いです。

↓上記の内容をまとめたYouTube動画です。どうぞご覧ください。

https://youtu.be/piTeAWjqRc4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。